トップ > スピリチュアルヒーリンググッズ > 宮下富実夫 > 宮下富実夫【セドナウィンド SEDONA WIND】(ヒーリングミュージックCD)



ミュージックセラピスト 宮下富実夫

小川のせせらぎや風のそよぎ、小鳥たちの歌声、ヒトを癒してくれる自然界の音は、
1/fのゆらぎをもったリフレインが基調にある。ずっと同じ音を聴いているように思え、
気持ちよくいつまでも聴いていられる音、そして清らかな自然音であればあるほど、
音の完成度は調和に満ち、より一層私達を癒してくれる。
24年前にスタートされた、宮下富実夫のヒーリングミュージック創作は、この癒し
の自然音を、アートとして表現することから始まった。
自然界の調和原則の解明を東洋哲学に求め、それを作曲に応用し、「ヒーリングミュ
ージック」という言葉(和製造語)を提唱し、商標登録をも持つこの音楽家の独自性
は、アーティストであると同時に、セラピストでもあることにある。
気功家であり経絡(人体の気の流れやツボ)を理解し、またカウンセリングのスキルを
身につけたセラピストとして、そして音楽家として、ミュージックセラピストと名乗る
ゆえんはここにある。
東洋哲学・医学の研究から出発した創作は、近年、脳への関心へ、そして眠りへの
アプローチに発展している。心地よいリフレインはしばし左脳を休めさせ、右脳をとき
ほぐし、全脳のバランスを整える。そして、眠りを始め体内時計を司る「松果体・メラ
トニン」への音楽によるアプローチへと至っている。
左脳の酷使に耐えながらも、右脳の創造性が求められる現代社会と、宮下が目指すア
ートの方向性の一致をここにみる思いだ。実際、国民の5人に1人が睡眠障害を持つと
される現代に向けて、聴衆に心地よいうたた寝を提供する『眠りのコンサート』を開催
し、7年間で6万人を眠らせ話題を集めている。音楽に吸い込まれるように、深いうた
た寝に誘われ、目覚めたとき味わう心身の爽快感は、不思議な実感として体験者の多く
が語っている。
宮下富実夫はヒーリングミュージックの聴き方として「聴き込むな、聴き入るな、聴
き流せ」と言う。目覚めから眠りまで一日中、静かな音でリピートをかけて流し、より
良いヒーリングライフの生活空間を演出してほしい。

(週刊朝日 2001年5月4日号 掲載記事より)

下↓↓↓の写真をクリックすると画像が大きくなります。
★龍村仁・湯川れい子・ジョー山中・七田眞・船井幸雄・青木宏之・山川紘矢・亜希子など(敬称略)、
宮下富実夫と親交の深かった24名より「全生命・地球・宇宙へ向けた言葉」を地球瞑想のジャケットに収録。



ヒーリングミュージックの創始者として、音楽史にゆるぎない
足跡を遺す宮下富実夫。
その音楽作品は今もまた、尚更に、時代の人々を癒し続けている。

『天河五十鈴』は、宮下音楽が今に至る、はじまりの一歩に位置づけられる。
1981年、アメリカ永住から帰国後、奥吉野・天河大弁才天社との出会いから
音霊奉納を21年間続けることになる。
そのはじまりは、神々に捧げられ共に響く『現代の神楽』のにあった。

遥かに深遠に、澄んだ心で、神々と、自然界とひとつになるために。


宮下富実夫<BR>【セドナウィンド SEDONA WIND】<BR>(ヒーリングミュージックCD)

宮下富実夫
【セドナウィンド SEDONA WIND】
(ヒーリングミュージックCD)

商品番号 pws02440

当店特別価格2,548円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品についてのお問い合わせ
レビューを書く


【精神の統一のために】
せせらぎの水音、小鳥たちの歌声、大地の鼓動…、
自然界の波動にのせてネイティブ・アメリカン・フルートと
シンセサイザーが織りなす音宇宙が広がります。
樹齢千年の木でつくられたフルートの音は素朴で、
どこか懐かしさを覚え、安定し統一された心の状態をつくり、
私たちと自然界を結ぶ太く大きな気の流れとなって響きます。


曲目リスト
1.水音の響
2.風音の響
3.天空の響
4.静舞の響     <MANDALA HEALING>